×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

みかっち流ワイルドストロベリーの育て方

幸せのワイルドストロベリーの株分け

border
ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリーの株分け


親株が大きくなりプランターでは窮屈そうなので、株分けをして鉢に植え替えてみました。
「株分けの時期」ですが、春頃(4月〜6月頃)秋頃(9月〜11月)がいいと思います。暑さに弱いので夏は不向きかも・・
それでは、植え替え作業を開始します。


まずは、鉢(プランター)の底に、鉢底ネットを敷きます(今回は、水切りネットで代用しましたが、 100円ショップにもたくさん売っていますので参考まで)


ゴロ石を2p程度、敷き詰めます


親株をプランターから取り出します。(根っこを傷つけないようにやさしく)


どの辺りで分けるか、株元の状態をチェックしながら、根っこを出来るだけ切らない様に、下から少しずつほぐしていきます


株分け成功です。 2つに分かれました。


鉢(プランター)に用土(培養土)を少し入れます。


株元が、プランターの8分目位の高さになる様に、チェックしながら用土(培養土)を敷いていきます。


良い様なら、周りから用土(培養土)を入れていきます。周りの用土(培養土)を、優しく抑えて整えます。 この時に鉢(プランター)を持ち上げて、トントンとしてあげると、用土(培養土)の隙間や硬さが均等になります


植え替えた後に、底からポタポタと出てくる位(植物活性剤を水で薄めて)優しく水をかけてあげましょう


植え替え後の様子は、葉っぱがちゃんと立つ状態が続くかを観察して下さい(4日〜6日程度)。
そして、出来る限り日陰で休ませてあげましょう。
株の状態を見ながら、少しずつに当ててあげた方が良いと思います。
そして、1週間後位に、液体肥料(花工場など)を薄めて与えて下さい
今回は、2つの親株を分けましたので4株になりました。
これからも、もっともっと増やしていきたいと思います。


| ▲トップ |

・ワイルドストロベリーメニュー

ワイルドストロベリーとは
ワイルドストロベリー伝説